◇出発前の準備 必ずお読み下さい

●レギュレーター、パワーインフレ−ター等は完全にOHを済ませ、乾燥させて
 おいてください。(高圧ホースの交換パーツも用意すると良いでしょう。)


●ドライスーツの水漏れテスト、修理、内部の乾燥も充分に行うようにして下さい。

アンダーウェアインナーウェアの素材は、特に長時間の氷上・氷面下での保温
 に大きく影響を与えます。適切な組み合わせで極端に浮力のつかない動きやすい
 ものをご用意下さい。

ミトングローブ、デストロイヤータイプのフードフルフェイスマスクは流氷
 ダイブで定番です。初めて使用する方は、出発前にテストダイブでフィットするか
 どうかのチェックをしておいて下さい。

●氷上を歩いたり、ホールでの作業の際にはスノーアイゼンがベストです。
 (登山用品店で購入できます。)

●スキー用の帽子やインナー付きの作業手袋を用意することで、ダイビング前後の
 冷え防止にかなり役立ちます。

●−20℃にも冷えることの氷上やボートでは、ドライスーツの上に着るボートコー
 が強力な防寒効果を発揮します。ダイビングメーカーでの既製のものやショップ
 のゆったりサイズのオリジナルのものがありますので、是非ご用意下さい


●しばらくダイビングから遠ざかってしまったダイバーの方は、出発前にリフレッシュ
 を受け、ドライスーツテクニックをマスターしましょう。

●経験豊かなインストラクターに講習を受けながら参加できるアイスダイバースペシャ
 ルティコースを1日目に受講することで、2日目は自分たちだけで思いっきり冒険
 ダイブを楽しむことができます。今年初参加の方は出発前の学科講習を受け、完全に
 準備を整えることができます。


●氷の下の様々な生物群とダイナミックで神秘的な氷の造形美―めったに経験できない
 すばらしい世界を写真ビデオにおさめてみませんか?水中での撮影経験のない方で
 も失敗なく上手にしかもカンタンに撮る為の、基本テクニックが身につくスペシャル
 ティコースが用意されています。学科で基本を身に付け、1日2ダイブの水中トレー
 ニングで修了できます。(レンタルOK!)是非ご参加下さい。


●器材に関する知識とメンテナンス技術をダイバー自身が身に付けることで、いつでも
 安心してダイビングツアーに参加することができます。器材スペシャルティコースは
 冬の定番コースですので、いつでも気軽にご参加下さい。



       ◇流氷ダイビングの手順について(特に初めての方の為に――)

●前日は充分に睡眠をとり、アルコール類は控えめにするようにして下さい。セカンド
 ステージのフェイスカバーとファーストステージのダストカバーをはずし、完全に乾
 燥させておくようにして下さい。


当日は食事の際にオリエンテーション(ブリーフィング)を行います。
 注意深く聞き、疑問点は良く質問することでクリアーにしておいて下さい。

出発前に完全にスーツを着用します。フードグローブはお湯の入った保温用ケースに
 各自入れておきます。

ポイントに到着したら一度集合し、手順について説明を聞いていただきます。
 作業に必要な道具をソリに乗せ、全員で運搬します。


エントリーホール掘削作業が終了しましたら、個人器材とウエイト・タンクを運びます。

チーム分け(順番・ラインテンダー・安全ダイバーの役割)が決定したらSTAFFが
 はじめにエントリーして下見ダイブを行います。エントリーの際の手順、潜降で使う
 テクニックなどを注意して見学しておいて下さい。


セッティングの注意事項
 
セカンドステージ、インフレーターホースは直接雪に触れないようにBCDのポケッ
  トなどにあらかじめ入れておくようにして下さい。

 タンクバルブはゆっくりと、しかも断続的に開けるようにすることで高圧ホースの破れ
  を防止できます。

 通常のダイビングで行っているパージボタンを押してエアーの供給をチェックする方
  法は、フリージングに直結しますので、絶対に行ってはいけません。
  マウスピースをくわえ、軽くゆっくり吸う程度にして下さい。
 
セッティングが完了したあとはバルブを閉めておくこと。

エントリー時の注意事項
 ・
ホールに腰掛けてテンダーにアシストしてもらい、BCDを装着するようにして
  下さい。
 
BCDには多めにエアーを入れ、充分な浮力を確保してからコントロールドシッ
  テッドエントリーテクニックで入水します。(レギュレーターなしで。)
 
浮力が充分であることを確認したら、レギュレーターをくわえ、水面に顔をつけ
  た状態でゆっくり呼吸を開始して下さい。呼気も排気も出来る限りゆっくり長く
  行うことが、凍結防止の最も大切なテクニックとなります。
 
安全ラインをテンダーにつけてもらい、右手にラインを保持するようにして下さい。
 呼吸が安定したら、あらかじめ潜降しているガイドのところまで潜降ラインをつ
  たわってバディとペースを合わせて潜降します。

ダイビング中の注意事項
 
水底まで潜降したら、数分間冷水温と呼吸に慣れるためその場で止まって下さい。
 
ガイドのサインに従って浮力調整を行いましたら、移動を開始します。
  呼吸を常に安定させるために移動はとてもゆっくりで、しかも氷のすぐ下の
  中層で移動します。生物たちや、氷の造形を楽しんでいただきますが、レギュレ
  ーターのフローは常に自分でチェックして下さい。
  フリージング(凍結)によりフローは一度始まりますと、除々にその量が増え、
  最終的に破裂したような状態となり、エアーは一気に消費され、くわえていること
  が困難になることもしばしばあります。
  フローの始まりは「ポコポコ」と、ほんの少しずつ出始め、次に「シュー」と
  継続的に出るようになります。早期に認識するためには、息を吐いた状態で一度
  呼吸を止めてみて、「ポコポコ」が始まっていないか確認するのがコツです。
  万が一「ポコポコ」が始まったら、すぐにスタッフにサインで知らせて下さい。
  さらに進行してもすぐ安全に浮上開始出来る光射ゾーン又は ホールの真下まで
  あらかじめ移動します。フリーフローにより浮上したら、まずBCDにエアーを
  多めに入れ 、充分浮力を確保した後、熱湯でファーストステージ・セカンドステ
  ージを解凍します。残圧確認と体力・気 力に十分余裕がありましたら、そのまま
  ダイビングを続行します。
  何回でもエントリーOKですので、一度に無理をして長時間潜る必要はありません。
  経験を重ねるごとにテクニックと自信が除々に身についていきます


●ダイビング終了後の注意事項
 終了した方から、運搬車輌まで器材を運んでお休み下さい。
 
全員が終えてから、宿泊施設までの移動となりますので、時間に余裕のある
  方は氷上ウォーキングやワシ、エゾシカ、アザラシなどの野生生物をお楽しみ
  下さい。
 
宿泊施設に到着したら、各自の器材のメンテナンスをしていただきます。
  ドライスーツ・フード・グローブの乾燥と、レギュレーター、BCDの乾燥。
  (指定の部屋をご案内します。)
 
ロギングは入浴後、夕食後に行うようにして下さい。
  特にスペシャルティコースの方は1時間程度を要しますので、片付け作業は
  お早めにお願いします。

参加費

 札幌発着:75,000円税込(移動費、宿泊2泊4食、3〜5ファンダイビング)
 別途追加 アイスダイバーSPSPIコースフィー+20,000円(申請料税込4,536円別途)
 現地集合解散:55,000円(宿泊、宿泊2泊4食、3〜5ファンダイビング)
 SP所有者のファンダイビングのみ35,000円税込(日35ダイブ)
 アイスダイバーSPSPIコース受講者41,500円(申請料税込4,700円別途)


レンタル費用 ドライスーツ5,000円、レギュ3,000円、BCD2,000円、32,500円、ウェイト1,000円、ベストウェイト1,000円、 
      ウェイト玉100円/1キロ、フードグローブ各500円(1日料金)


(注:インナーはレンタル致しませんので自身でご用意ください)
 ※3―オプションツアー 野生動物観察ツアー3,500円(プユニ岬、オシンコシン、弁財湾約2時間)

参加に必要な器材

個人器材
通常のダイビング器材(BCD,寒冷地仕様レギュレーターセット、マスク、ドライスーツ、インナー、ウェイトシステム、ナイフ、
カラビナ、アイゼン、寒冷地仕様フード&グローブ、陸用防寒防水グローブ、ボートコート、防寒帽子、カイロ、ログ、
トレーニングレコード)


スペシャルティ器材、用具
チェンソー、ツルハシ、アイスチッパー、ドン突き棒、ザル、ソリ×2、クーラー×3、スコップ、ブルーシート×2、ライン(30m×2、60m、15m)、
ストロボライト×2、アンカー杭、アンカー用ストーン、ハンマー、工具、滑り止め砂、潜水旗、ホール警告ライン&杭、器材解凍用ペットボトル、
ホットドリンク、バックアップ器材、ウェイト、ライン固定金具×6


必要書類
危険の告知書、RSTCメディカルステートメント、安全潜水声明書、PIC

知識の確認2312:0017:00札幌会場/222日移動車中)
現地宿泊施設にてオリエンテーション、潜水前のブリーフィングにてカバー)

プレゼン概要
・海氷の特徴:誕生、成長、移動、定着/塩分濃度、ブライン、塩分水温の二重構造、デンサティクライン、気温変化と風によるコンディションの
変化


・氷の陥没、崩壊、ラインの凍結

・ハイポサーミアの予防と対処(水中と氷上)

・潜降ライン、ストロボ、アンカー

・光射ゾーン内でダイブ

・潜水時間制限(1015分)

・ラインダイブのルール:潜水用ラインと固定金具、シグナル(1、2、3)、コースどり、

・ダイビングチーム/サポートチーム/安全ダイバーチームのローテーション

・呼吸法とフリージング予防、対処法

・コントロール出来ない浮上の予防と対処

・ラインの凍結・絡み予防と対処

・レギュ、パワーインフレーターの乾燥


タイムスケジュール

2 22 7:00札幌発、ウトロ1200到着

        13:0016:00 現地第1、2候補地現場視察(幌別、漁港)氷の状態
         ・ドライスーツ、グローブ、帽子着用/ホール作業用器材、ソリ、スクーバ1セット
         ・第1、2候補地現場視察(幌別、漁港)氷の状態確認
         ・潜水地準備(アクセス、2ホール空け)
         ・掘削作業に使用する用具の使い方デモ(チェンソー、ドン突き、アイスチッパー、ツルハシ、スコップ、氷除ザル、
       アイスブロックによる防風壁、警告ライン、滑り止め砂

         ・スタッフテストダイブ(深度、コース、氷の状態確認)
         ・潜水旗
        16:00 撤収→個人器材積み込み→スーツ乾燥(各部屋)
        17:00 温泉入浴
        18:00 夕食、オリエンテーション

223
        500 起床、お湯クーラー3個積み込み、タンク20本、ウェイト、掘削用具
        600 現場、ホールに運搬
        700 バスターミナルピックアップ
        730 朝食(コンビニ弁当)、チーム分けせと潜水ローテーション決定
        800 移動(途中ホテルピックアップ)
        900 トレーニングダイブ/FD
        1200 ランチ、トイレ
        1330 トレーニングダイブ/FD
        1500 終了、撤収
        1600 器材メンテ(レギュ、インフレーター、ドライ各自部屋にて乾燥)
        1700 温泉入浴→夕食、ログ記入

224
        500 起床、お湯クーラー3個積み込み、タンク20本、ウェイト、掘削用具
        600 現場、ホールに運搬
        700 バスターミナルピックアップ
        730 朝食(コンビニ弁当)、チーム分けせと潜水ローテーション決定
        800 移動(途中ホテルピックアップ)
        900 トレーニングダイブ1
        1130 終了、撤収、器材メンテ
        1200 ウトロ出発(途中ランチ)
        1900 札幌到着、解散


トレーニングダイブ223日、24
 ダイブ1:現場の選定と準備をデモンストレート/水面の監督/安全ダイバーの任務/アイスダイビング(インストラクターリード)
 ダイブ2:アイスダイビング(Aダイバーリード)/水面の監督/安全ダイバーの任務

 ダイブ3:アイスダイビング(Bダイバーリード)/水面の監督/安全ダイバーの任務

お問い合わせ・お申し込みはこちらまで
TOPページへ戻る
  

2019ZEM流氷ツアー募集概要

行程:2019月22日札幌出発―月2ウトロ出発、札幌着